久留米・福岡・筑後で不登校・引きこもりの無料相談・カウンセリング:久留米フリースクールの青少年教育支援センター

トップ  > 理事長ブログ  > 【理事長ブログ#44】「子と親・花花の会」…悩む子どもや親を支援

【理事長ブログ#44】「子と親・花花の会」…悩む子どもや親を支援

西日本新聞ポシェット平成25年7月19日掲載


不登校や中退で長い間悩み、苦しんでいた子どもたちが私たちと時間を共有し、いろんな支援を受けてゆっくりと成長しています。大学や短大、専門学校へと歩みを進め、自分を取り戻し、社会人として立派に活躍している人たちも多くいます。そんな子どもさんを持つ親を中心に組織されたのが、「子と親・花花の会」です。

かつて重い苦しみを抱えながらも、今は脱出できた親が自身の経験を生かし、今悩みの真っただ中にいる人たちの困り感受け止め共有し、少しでも支えることができればとの思いで、自主的に設立した組織です。

現在、40人ほどのメンバーが、月に1回5カ所の地域で無料相談会のお世話をされています。

このような無償ボランティアをし、社会に貢献することで、明るい未来づくりに参加されているのです。家庭や地域、国の宝である子どもたちの心と体が元気になり、成長していくように、という熱い思いで、皆さん、諦めずに活動されています。その後姿は子どもたちを育む手本となり、長く引き継がれていくものと確信しています。

私も、「子と親・花花の会」の皆さんたちからエネルギーを頂きながら、微力ですが今まで以上に努力していきたいと思っています。

社会の中で共に助け合いながら、宝の中の宝「子どもたち」の心と体を元気にしていきましょう。ゆっくりと。

NPO法人青少年教育支援センター

理事長  古賀 勝彦