久留米・福岡・筑後で不登校・引きこもりの無料相談・カウンセリング:久留米フリースクールの青少年教育支援センター

トップ  > 理事長ブログ  > 【理事長ブログ#41】無料相談支援…解決の糸口、経験豊かな人が

【理事長ブログ#41】無料相談支援…解決の糸口、経験豊かな人が

西日本新聞ポシェット平成25年5月17日掲載


大人は経験を通して得た価値観をかざして、子どもたちを育てる場合があります。一方、経験の少ない子どもたちは、大人の言葉をそのまま受け入れます。そんな中、大人の要求に応えられない子どもはストレスをため込み続け、ついにオーバーフローしていくのです。

そのような子どもは元気な子どもより疲れを感じ、動けなくなります。大人のつくり出す空気が、子どもたちの心を傷つけ、体に異変が出始めてから、大人は事の重大さに気付くのです。

しかし、そうなっても、どのように空気をつくり変えたらいいかほとんどの人は分からないうえ、対応・対策ができずに悩むのです。

そのような人が、NPO法人青少年教育支援センターの無料相談を利用しています。ただし、4回、5回程度の相談では、子どもたちの心と体の元気を取り戻せるための空気をつくり出すことはできません。何回も繰り返して相談に乗る事も多く、何年もかかる場合もあります。

気軽に何回も相談することのできる場が、無料相談支援です。成功例を持つ経験豊かな人が相談に乗ることで、思い詰めて来られた親御さんが、帰る際、安堵の表情を浮かべることがあります。解決の糸口が見えてくると安心し、子どもがゆっくりと歩める空気づくりをすることができるようになります。

NPO法人青少年教育支援センター

理事長  古賀 勝彦