久留米・福岡・筑後で不登校・引きこもりの無料相談・カウンセリング:久留米フリースクールの青少年教育支援センター

トップ  > メディア掲載  > 【新聞】社会ボランティア賞を受賞(平成26年2月21日)

【新聞】社会ボランティア賞を受賞(平成26年2月21日)

社会ボランティア賞受賞社会ボランティア賞を受賞(西日本新聞掲載)

昨年11月にソロプチミスト日本財団の社会ボランティア賞を受賞したNPO法人青少年教育支援センター(久留米市六ツ門町)の代表、古賀勝彦さん。

1988年から不登校や高校中退、引きこもりの子どもたちや保護者に対して無料相談などの支援活動を行っていることを評価されての受賞です。

「新潟での表彰式では、単身西アフリカのマリに渡り、四半世紀近く支援活動を続ける村上一枝さん(73)などにお会いし、刺激になりました。私も頑張らなければ、という思いを強くしました」と古賀さん。

23日(日)(※過去の記事です)には、不登校などの子どもや保護者を対象にした合同説明会「子と親・花花の会」をえーるピア久留米(久留米市諏訪野町)で行います。午後1時半から同5時まで。

自分たちも同じように悩み、今はどう活動を支える親や社会復帰した子どもたちの体験談の発表、活動報告、相談会などを行います。参加無料。